ほくろの切除法1


ほくろ除去用もぐさでホクロ除去。美容には最適。誰でも出来て、簡単、そして安い。誰でも簡単気軽にほくろ除去ができてしまいます。レーザー手術はもう古い?  ホクロ除去。クリニックではレーザー手術レーザー除去 ほくろでお悩みの方。hokuroもぐさを使ってもぐさ  ほくろ、シミ、そばかす、レーザー手術  除去についてホクロに関する情報ほくろ取りならレーザー手術はもう古い

 HOME

「もぐさ」について

特別精製品

焼き方の手順、使用方法

価格、購入方法


特定商取引に基づく表記

もぐさ
に関して、不安なこと・素朴な疑問etc
お気軽にお問い合わせください

ほくろに関するお問い合わせはこちらから

ご注文
商品代引きでのご購入はこちらから 現金書留でのご購入はこちらから

ほくろについて@
ほくろについてA

ほくろ除去用もぐさ写真。普通品小サイズ。
すっきりするには、
このもぐさ!!


【厳選美容リンク集】


ほくろ占い ほくろ占い 
ダイエット1マクロビオティック
ダイエット2豆乳クッキー

ダイエット3マイクロダイエット
シミ取る、そばかす取る美白、しみ白の方法ガイド【美白化粧品とシミ対策】ほくろ声
塾には通わせるな
健康ビリーズブートキャンプ
エステエステティック
美顔フェイスリフト事典
サンクスリンクほくろ8日間
ほくろ取りほくろ除去goo辞典
にきびしみほくろそばかすお肌
レーザー手術脱毛レーザー手術
レーザー手術近視レーザー手術
除去脂肪ほくろ脂肪除去
デトックスホクロデトックスウェブ
節約節約生活 ほくろ声 ほくろ取る ほくろ取る
鹿児島発ほくろ取りもぐさ専門店

ほくろは、大きすぎたり、目立ちすぎたりすると、気になって日常生活が送れない場合があり、その際は除去方法があります。特に女性の場合は、気にしている方も多いようです。除去する方法には、いろいろな方法があります。そのひとつに、皮膚を切除したあと、ナイロン糸で縫合する「切除縫合法」があります。ほくろを除去したあとが目立たなくなるまでに、3ヶ月ほど必要とします。

ほくろを切除法合法で取り除く方法とは、切除縫合法は、5ミリ以上の大きめなほくろの際に用いられる治療法です。大きいほくろだと、皮膚の奥にまで浸透しているので、皮膚を深く切除する必要があります。よって、ほくろが、ある程度の大きさになってしまうと、この方法でしか除去することができなくなります。

ほくろを切除縫合法で取り除くと、ほくろの組織を完全に除去してしまうことができるので、再びほくろができるということはありません。また、切除したほくろを組織検査して、悪性かどうかを調べることもできます。検査が目的のときは、小さなほくろでも、この方法を採用します。

ほくろを除去する手術を受ける際に、事前に知っておきたい点としては、手術後に、一直線の傷あとが残ってしまうということです。しかしながら、除去手術は、自然にできるしわに合わせて切るので、それほど傷は目立ちません。目じりや目の下、鼻唇溝、額や顎といった、しわがあるところの除去にオススメの方法です。

ほくろを取り除いたあとは、約1週間後に抜糸します。それまでの間、傷口を消毒して、清潔に保ちます。 ほくろを取り除く方法として、この切除縫合法以外にも、いくつかあります。


炭酸ガスレーザー除去

ほくろは生まれつきにはなく、3〜4才頃から生じて次第に増えてきます。明らかに盛り上がっているものは炭酸ガスレーザーで平らにしてしまいます。ホクロでは根の深いタイプがありますので、そのようなものでは炭酸ガスレーザーとQスイッチレーザーを組み合わせて何回かにわけて治療します


〔レーザーについて〕

レーザーとは1960年代にメイマンにより最初に開発された誘導放射による光の増幅を用いた可干渉な光源である。通常は駆動源(固体レーザーの場合、フラッシュランプ)と利得媒質(ルビー、ガラス等のレーザーを増幅する媒質)と誘導放射をさせるために光を閉じ込める反射鏡の3構成要素からなっている。」といわれてもわかりにくいですね。 以下、わかりやすく説明いたします。

レーザー(LASER)は光の束の一種です。
自然には存在しない人工的な光。英語の「
Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」(光放射の強制誘導放出(放出とは一点に絞り込んだ放射の意味)による光の増幅)の頭文字をとったものです。 

「普通の光との違い」は、コヒーレントという性質です。すなわち、「単一の波長による単色性」、「同位相による干渉性」、「光が集中して拡散しない指光性」の3つです。


プリズムを通して見ると、太陽の光は赤から紫までの多数の色に分かれます。レーザーはそのうちの1色だけの光(単波長)を工夫して取り出して増幅させたものです。また、自然光である太陽光は360度すべての方向に拡散します。けれども、レーザー光は一点に絞り込みまれた線状の光線で拡散することなく理論的には無限の距離まで到達いたします。

ただし、レーザー発振の機械的な問題から1マイクロン以下の光束にすることは不可能で、これを逆利用して凸レンズ(1枚でよい)で1点に収束させた場合には、大変なエネルギーを生み出します。勿論強いレーザー光と弱いレーザー光とがあります(レーザー出力といいます)。ワットで表現することもジュールで表現することもあります(1秒間に1Jの仕事量=1ワット)。

レーザー管球の両端に特殊な鏡がありこの間を光束(当たり前ですが)が往復する間にレーザー光となるわけだけれども、大体管球の長さに比例するとみてよいでしょう。

 レーザーの出現を予言したのは相対性理論で有名なアインシュタインでした。1960年にアメリカの科学者のメイマンが、世界で初めてルビーレーザーの発振に成功しました。翌年1961年には、網膜剥離に眼科応用され、1964年にはゴールドマンによって赤アザの治療が行われ、1968年にはレーザーメスとして活躍している炭酸ガスレーザーが発明されています。日本には1975年に導入されました。一方、診断機器としてアルゴンレーザーを用いるフローサイトメーターが愛知ガンセンターに輸入されたのもこの時期です。ちなみに20世紀の合衆国の2大発明は人工衛星とこのフローサイトメーターでレーザーではありませんでした。

〔炭酸ガスレーザーとは〕

赤外線レーザーの一種で、その波長は10.6マイクロメートルと可視光線よりもずっと長く、水分に反応して熱エネルギーに変換されるという性質があります。レーザーメスとして使われたり、ホクロやイボなどを取るために使われます。また、パルス幅を短くしてしわ取り用レーザーとしても使われています。目に見えませんのでガイド光としてHe−Neガスレーザーが一緒に内蔵されていることが多いです。