ほくろの切除法


ほくろ除去用もぐさでホクロ除去。美容には最適。誰でも出来て、簡単、そして安い。誰でも簡単気軽にほくろ除去ができてしまいます。レーザー手術はもう古い?  ホクロ除去。クリニックではレーザー手術レーザー除去 ほくろでお悩みの方。hokuroもぐさを使ってもぐさ  ほくろ、シミ、そばかす、レーザー手術  除去についてホクロに関する情報ほくろ取りならレーザー手術はもう古い

 HOME

「もぐさ」について

特別精製品

焼き方の手順、使用方法

価格、購入方法


特定商取引に基づく表記

もぐさ
に関して、不安なこと・素朴な疑問etc
お気軽にお問い合わせください

ほくろに関するお問い合わせはこちらから

ご注文
商品代引きでのご購入はこちらから 現金書留でのご購入はこちらから

ほくろについて@
ほくろについてA

ほくろ除去用もぐさ写真。普通品小サイズ。
すっきりするには、
このもぐさ!!


【厳選美容リンク集】


ほくろ占い ほくろ占い 
ダイエット1マクロビオティック
ダイエット2豆乳クッキー

ダイエット3マイクロダイエット
シミ取る、そばかす取る美白、しみ白の方法ガイド【美白化粧品とシミ対策】ほくろ声
塾には通わせるな
健康ビリーズブートキャンプ
エステエステティック
美顔フェイスリフト事典
サンクスリンクほくろ8日間
ほくろ取りほくろ除去goo辞典
にきびしみほくろそばかすお肌
レーザー手術脱毛レーザー手術
レーザー手術近視レーザー手術
除去脂肪ほくろ脂肪除去
デトックスホクロデトックスウェブ
節約節約生活 ほくろ声 ほくろ取る ほくろ取る
鹿児島発ほくろ取りもぐさ専門店

ほくろを除去する方法に、炭酸ガスレーザーを用いて除去する場合があります。平べったいほくろや、少しだけ盛り上がったような小さなほくろの除去に適しています。これは、炭酸ガスレーザーで、ほくろの組織を飛ばしてしまう方法です。切開もなく、気軽におこなえる手術ですが、ほくろの組織が完全には取れないので、組織検査はできません。この方法で除去するほくろは、良性であることをしっかり確認してから、おこないましょう。

ほくろは、ルビーレーザーで除去する場合もあります。これは平べったく、多発性のほくろの除去に使用します。比較的、新しいタイプの除去方法で、ほくろの色を薄くしていって、取り除きます。この方法は、黒っぽい色素にだけ反応するという特徴があり、メラニン色素だけを破壊することができます。周囲の正常な組織を傷つけることがないので、傷の治りが早く、傷あとも残りません。気軽におこなえるものですが、再発が起きる場合があるので、事前に調べておきましょう。

ほくろは、電気凝固法で除去する場合もあります。これは、手の甲のほくろや盛り上がったほくろの除去に適しています。高周波を利用した電気メスで、ほくろの組織を少しずつ焼いて、切除していきます。傷の治りが早く、気軽におこなえます。

ほくろをレーザーなどで取り除いた際は、照射部分をガーゼや防水フィルムなどで保護しておきましょう。顔の場合、傷あとが落ち着くまでは、化粧も控える必要があります。傷あとをきれいにするためには、1回で取り除いてしまうのではなく、数回にわけて治療を行います。ほくろを取り除くときは、局部麻酔をかけて行います。主に、クリニックなどでおこなっていますので、いろいろ調べてみましょう。

【Qスイッチヤグレーザー】


Qスイッチヤグレーザーとは

ほくろに限らず、しみ、タトゥーにも効き目があります。

●Qスイッチ ヤグレーザーの特徴●
シミの除去に早い効果が期待できます。
Qスイッチ ヤグレーザーは1度の治療で効果を得られる方が多い治療です。シミの除去に早い効果が見られるだけでなく、毛穴を引き締める効果も期待できます。お化粧のノリが悪い方にも毛穴の開きが目立ちにくくなる、おすすめの治療です。

●タトゥーの除去が可能
Qスイッチヤグレーザーを使うと、一度は入れたタトゥーでも効果的に除去できます。皮膚の浅い部分のタトゥーは1〜2回の治療で除去できます。色や皮膚の状態により完全に消えるまで、1回〜数十回行う場合もあります。暗い色(黒・茶・青など)は消しやすく、明るい色(赤・緑など)は消しにくい状態といえます。色によってはレーザーで消せないものもあります。

●Qスイッチ ヤグレーザーの治療経過
治療後3〜4日ほどでシミがかさぶたとなってポロポロとはがれ落ちます。
その後もう一度黒っぽくなりますが、3〜6ヶ月もたつとほとんど見えなくなります。
また、治療後14日間は照射部に軟膏とテープ(茶色)を貼って様子を見ていただきます。

●ほくろ除去のQスイッチレーザー
ほくろ除去のレーザー治療には炭酸ガスレーザー以外にもヤグレーザー治療、ルビーレーザー治療などがあります。ヤグレーザーはほくろのメラニン色素にだけ反応し、ルビーレーザーは青・黒・茶の色素にだけ反応するのでほくろ除去の治療にも利用されています。また炭酸ガスレーザーはほくろ以外の正常な組織を傷つける危険性があるのに対しQスイッチレーザーは色素にのみ反応するためほくろを除去する時、ほくろの周囲の皮膚に損傷を与えることがほとんどないのが特徴です。Qスイッチレーザーの欠点としてほくろの色素細胞のみを熱で破壊するので大きく組織の深いほくろを除去するのには向いていません。レザー光線の届きやすい浅くて平らなしみのようなほくろを除去するのに適しています。また1回でほくろが除去できることもありますが、何回か繰り返し照射するほうが有効なようです。Qスイッチレーザーをほくろに照射し、ほくろを除去すると2週間以内に表皮が剥離し、きれいな皮膚が生成され、傷跡もなくほくろを除去できるのです。また炭酸ガスレーザーを併用することでより完全にほくろを除去できます。Qスイッチレーザーでほくろを除去する手順としては、まず局所麻酔を行ってからQスイッチレーザーをほくろに照射し、メラニン色素を破壊、ほくろを除去します。術後はほくろを除去した皮膚が赤くなりかさぶたとなって1〜2週間で剥がれ落ちます。ほくろのあった部分が一時、色が濃く場合があるものの、時間の経過ととも自然な状態にもどり、ほくろ除去のあとは分からなくなっていきます。ほくろ除去の手術のあと軟膏を塗り、テープを貼って極力、紫外線を防ぐように注意するのが大切です。

●Qスイッチ ヤグレーザーのQ&A
Q:一度の治療でシミの除去ができるの?
A:一度の治療で効果を感じて頂ける方が多いですが、場合によっては1〜2回の追加照射が必要な場合もあります。
Q:一度の治療でタトゥーの除去ができますか?
A:状態や色によって、数回の照射が必要になる場合があります。
Q:副作用の心配はありませんか?
A:あざやシミなどのメラニン色素を持つ細胞やタトゥーの色素だけに作用するので、周辺の健康な皮膚を傷つけずに施術できます。
そのため傷跡などの副作用を残さずに、安全に治療することができます。
痛みも軽度で、赤ちゃんからご年配まで安心して治療を受けられます。

ほくろの凍結療法

ほくろにも色々な除去方法があります。その中のひとつ凍結療法というのは、ほくろを凍らせて(冷凍させて)除去してしまう方法です。ほくろを冷凍させて除去してしまう手術法ですので、冷凍手術ともよばれることもあります。

この方法はほくろの除去以外でも、いぼの除去によく使われる方法で、傷が残らない(残りにくい)という大きなメリットがあります。他にもこの療法には確実性が高いことや短時間で治療が終わるというメリットもあります。

凍結療法の具体的な治療方法ですが、まず、ドライアイスやマイナス196℃の液体窒素を綿棒に含ませたものをほくろに当てて凍らせます。数回これを繰り返してほくろを凍らせてしまい、ほくろを壊死させてしまうわけです。

凍らせたほくろは何日かの後に血豆のような状態になり、やがてかさぶたのようになって取れてしまいます。

この凍結療法には傷跡が残らないなどというメリットがあるわけですが、デメリットが全くないわけではなく、ほくろを冷凍させるわけですから、治療時には痛みを伴ってしまいます。

痛みに強い人もいれば弱い人もいるし、場所によっての感じ方も人それぞれではあると思います。短時間で終わるとはいえ、いずれにしても痛みはない治療法がよいにこしたことはありませんね。